新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

剣崎イサキのはずが・・・

6/11

f:id:satoshi_cs12:20170611070454j:plain

年1回恒例の梅雨イサキ、ついに今年は一之瀬丸やめてあさなぎ丸にした。大ドモの札を取ったのにそこを働きもしない中乗りに取られたり、予約メールが迷惑メール入りしてて予約が通ってなかったり、コマセ全開け置き竿バカ2人組が隣に入ったりしたのも行くのをやめた今ではいい思い出。

タックル

f:id:satoshi_cs12:20170611070504j:plain

DAIWA ライトゲームX-MH190

SHIMANO フォースマスター401

PE2号 天秤30㎝ サニーFL60号

チヌ1号ウイリー(緑白ピンク青)4本針 1.5号3mエダス8㎝

釣況

8時ころ剣崎沖の20mの浅場に到着。とにかくアタリが出ない。

どうシャクってもアタリが出ない。両隣は2時間立たずにコマセおかわりしてるし撒きすぎて食わなくなってるのではと疑いつつ・・・他船を見ても当たっていない。

60mの深場に移動してみるもののここではアジの猛攻。船電源生きてなくて電動巻き上げできず疲れる。アジは引きは強くて楽しいものの、浅場でイサキの数釣りを見込んでいたものにとってはお土産と言える量を釣った後は単なる苦行になる。

剣崎の船がいなくなってもなお食わない。日も高くなり、より海の中は明るくなって、ウイリーは見切られる苦しい釣りだろう。イサキは最後まで1度のアタリもなかった。片舷7人いたがイサキは合計5匹。逆側に1人で5匹釣った人がいるがその人が最高。100匹とか釣れる魚だぞ・・・

アジ10

サバ2 

動画

今回得た知見

①強烈な南西風が吹くと沖の潮が入り、魚が警戒してウイリーを食わなくなる。その潮色に慣れればまた食うようになるらしいが、1日では足りないようだ。

②松輪・間口の船の釣果を見る限り、悪いなりに朝まずめ(イサキの小さい胃袋が満たされていないとき)なら釣れる。しかし剣崎沖に8時到着では間に合わない。もはや八景から剣崎沖へ向かう意味はない。しかも混雑するしな・・・電車釣行(笑)組に任せよう。

結論:素直に剣崎の釣りは剣崎の船に乗ろう。そうでなくとも久里浜の船。

累計

アカボラ4

アジ19

アマダイ4

ウミタナゴ1

カサゴ14

サバ2

サビハゼ2

ショウサイフグ1

ニジマス5

メバル13

レンコダイ2