新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

CONSADOLE

今季陣容と背番号予想

だいたい陣容が揃った。 GK 控えがカウィンでは全く競争が発生しなかった昨季に比べ、J2とはいえフルシーズンレギュラーの経験がある大谷が加わったことで戦力純増。将来性まで含めると中野になるが、果たしてスタメンを勝ち取るのは誰になるのか。 菅野 予…

北海道コンサドーレ札幌2020シーズンまとめ 選手編

ポジションごとに出場時間順に並んでいます。 [凡例] 選手名 合計試合数 合計出場時間 合計得点リーグ戦試合数 リーグ戦出場時間 リーグ戦得点カップ戦試合数 カップ戦出場時間 カップ戦得点 GK 菅野 孝憲 29 2610 028 2,520 01 90 0 まず、このレベルのシュ…

北海道コンサドーレ札幌2020シーズンまとめ

2018年の4位で他チームのマークを受けるようになったため、2019年は札幌対策ともとれるような戦術を採用してくるチームが増えることを予想していた。選手の入れ替わりがないことによる積み上げ分を考えても、勝ち点45~55のレンジに収まるであろうという予想…

第34節 浦和戦

北海道コンサドーレ札幌2-0浦和レッズ シーズンの振り返りは別に行うとして、攻守のバランスが今年最も良かった試合ではないか。試合後の田中のコメントにあったように、プレス開始ラインを現実的な高さに設定することで、今日は常にカバーリングが準備され…

第32節 大分戦

1-1 大分の方が完成しているのは明らか。名前は知らんやつばかりだが、ともかくやりたいサッカーに合ったスカッドを組めているか、監督のインプットが良いのだろう。対する札幌はどうかというと、3年目も終わるというのに、相手より2人多くしてなおいっぱい…

J1で勝ち出してから応援した人へ捧ぐ第4期J2回顧

この記事は 北海道コンサドーレ札幌 Advent Calendar 2020 - Adventar の8日目の記事です。 まずはじめにボツネタを紹介します 新指標の開発 20日以降が埋まっていたため、シーズンが終わっていないためボツ 西大伍選手と釣りに行ったディレクターズカット版…

第31節 C大阪戦

1-3 相手に勝利への近道を徹底されると、こちらは勝利よりも大事なものが常にあるらしいチームなので、当然のように負けた。単なる会心の勝利だろうに、これを面白くないからと言って辞めさせるチームがあるらしい。4チーム降格のシーズンの札幌にはベストマ…

第30節 広島戦

2-2 いつまで逆足ウイングバックやるんだよ。川崎相手だから上手くいったことをミラーゲームでもやろうとするなよ。おまけに川崎相手以外には集中力がなくなるときた。15試合無駄にしてまで取った川崎戦はもう終わったんだから、試すことなんて残ってないだ…

第29節 清水戦

北海道コンサドーレ札幌5-1清水エスパルス 札幌のキーパーツにしてダイナモである荒野を失ってしまった。当事者が謝ろうが済む話ではない。とりあえず主審は不治の病にかかれ 菅野 6.5 まあ飛んでても止められたかどうかはわからないし 田中 6.5 アウェイで…

第28節 鳥栖戦

1-1 川崎相手だから上手くいったにすぎない逆足ウイングバック作戦が前節早速対策され、今節も全く機能せずにボールロストポイントと化した。マリノス相手だから上手くいったにすぎない0トップに拘泥し、10戦勝ちなしになったことをもう忘れたらしい。 特定…

第27節 東京戦

0-1 前節とは逆にボールを持たされる展開が続き、高い位置で奪うことは期待薄なわけだが、果たして上手く行くのだろうか頭からジェイでいい気がするが — 妖しい技術者サトシさん (@satoshi_cs12) November 10, 2020 左右反転意味あるのか?ペナルティエリア…

第26節 川崎戦

北海道コンサドーレ札幌 2-0 川崎フロンターレ 生で見ていれば2分4分5分のチャンスで1点も決められなかった時点で「今日はここまでだろう」という確信をしていたに違いない。しかし、鬼殺隊と化したこの日の札幌は違った。我流の「獣の呼吸」を使う荒野をは…

第25節 G大阪戦

1-2 プロサッカー選手の友人にもプロフェッショナルが求められるんだなと思いました 試合の感想は特にありません 菅野 6.5 勝ち点には特に影響のないナイスセーブ連発 田中 5.5 ヘッド決めないとかスパイかな キム・ミンテ 6.0 いつもの掃除係 福森 5.5 あま…

第24節 横浜FC戦

北海道コンサドーレ札幌3-0横浜FC 何かこのゲームに調整入った?相手凄く弱くなってないか? 札幌はキム・ミンテの出場停止で福森に自重の指示が入ったのか、いつものスペースができなかった。しかし隣の宮澤と併せた鈍足ゾーンにスピードタイプのアタッカー…

第23節 鹿島戦

北海道コンサドーレ札幌1-0鹿島アントラーズ 鹿島は何を考えていたらあんな戦術になるんだろう? 札幌は大したことないプレスに、相手は決まっているがマークできているわけではないマンマークという組合せで、蹴らせて金田中に競らせて宮澤高嶺荒野で拾う形…

第21節 湘南戦

北海道コンサドーレ札幌2-1湘南ベルマーレ スーパーゴールとラッキーゴールしか決まらない、まさに雑魚同士の試合であった。仙台戦は見てないが、札幌のクオリティはここ数戦と大差なく、湘南が最下位を独走しつつあるのが納得できるレベルにあったので、試…

第19節 神戸戦

0-4 この監督は来季に繋げるどころか、このまま続けさせれば選手に「いくらでも失点して良い、チャンスをたくさん創出すればOK、チャレンジすればブラボー」というマインドを固着させ、来季は100失点してぶっちぎりの降格をするだろう。 一刻も早く、今夜辞…

第18節 柏戦

0-1 特にない。アイデアがないならさっさと身を引いてください。来年のために今から来年の監督に16試合与えるべき。少なくとも、来年絶対いないような選手で来年絶対やらないようなサッカーをするのは無意味。 菅野 5.5 クソダサ片足ケンケンおじさん、終了…

第12節 鳥栖戦

北海道コンサドーレ札幌2-0サガン鳥栖 これこそが内容の良い試合であり、3倍のシュートがあっても決定機が同数ならそれは良い内容ではないのである。 なんかナメプに乗じて勝った感はあるが、発熱を放置して新型コロナウイルスを蔓延させておきながら、今年…

第16節 浦和戦

3-4 リスク減らす方が楽だろ。減らすもんいっぱいあるんだから。さっさと唾棄すべき哲学のせいで勝ち点1すら拾えない。去年の後半からずっとこれ。得点がたくさん生まれる負け試合が1-0より上、という発想にチームが頭から爪先まで支配されている。客はシュ…

第15節 C大阪戦

0-2 来年に繋がる試合するとしておきながら、このところ平均年齢をむしろ上げてるし、交代枠残しながら檀崎と藤村を試すことすらしない(しかも早坂は使う)。相手が許容しているラインがかなり甘めというだけで内容は良かったと言う。というか、8/2以降で内容…

ルヴァン杯プライムステージ 横浜戦

1-1(PK4-5) まともなサッカーになるために最低限必要なピース2枚を使って、前の試合でようやく勝負らしい勝負になり、いざ2戦目。10度下がった試合会場の恩恵を受けたプレッシングは決まるものの、鈴木武蔵なら持っていけるところでチャナティップは止まって…

第13節 名古屋戦

0-0 交代に時間をかけてキッカーを邪魔したとか、いやそもそも交代対象の選手がキッカーを譲らなかったとかあるが、そもそも残り時間考えたら時間稼ぎの交代をするのはPKが決まってからのはずだ。 守備は単純に相手FWを潰す力が如実に現れた。これまで意図的…

第29節 横浜戦

1-4 頼む。我がチームを実験場にするなら早く辞めてくれ。 リーグ戦をバカにするなよ。それでスポンサー消えたらお前が辞めれば済むレベルのことではなくなるぞ。 菅野 6.0 0-1で終えていたらもしかしたかもしれないのに。まあ3つは止めたけど 進藤 5.0 4失…

第11節 大分戦

1-1 今節も理想を抱いて溺死した。 あいも変わらず、1試合上手くいっただけの0トップにこだわり、特にこのメンツだから効いているというわけでもなさそうな50点のプレス。前線のシュートは0だし、進藤はチャンスを潰して帰っていく。単純に高さが減っている…

第10節 川崎戦

1-6 前半の録画と後半のハイライトしか見ていない。それで十分だろう。 この監督は確実に今年で仕留めよう。散々語られていることだが、マインドに「守備を馬鹿にしている」というものがある。「平日のつまらない日常をかき消すために魅力的なサッカーをする…

ルヴァン杯第3節 横浜FC戦

1-1 いつもながら、なんで使われないか良くわかるサブ組でした 守備一辺倒にならずにドローで凌げたのは半レギュラーのおかげ カウィン 最初ミスキック(というか、ずっとか)してからというもの、真ん中の田中にグラウンダーで通せそうなところを、全てロング…

第9節 清水戦

1-3 馬鹿が試合壊しやがって。たかが審判が今年のルールになってないくらいで、負ける相手じゃないだろ。 菅野 5.0 ミドル来ると思ってないポジション 進藤 6.0 下げる意味がわからない 宮澤 5.0 このレベルのFW相手でもはね返せないのか。でも残り二人もそ…

ルヴァン杯第2節 広島戦

北海道コンサドーレ札幌2-1サンフレッチェ広島 バタバタにつぐバタバタの末に、広島にもバタバタが伝染し、(シュート自体は上手い)ラッキーゴール センターバック1人しかいないところへの広島の放り込みは、何とかラッキー守備で凌いでグループ突破に王手を…

第8節 神戸戦

2-3 案ずるな選手たち!試合前から4か5失点すると自ら言っちゃう監督が設計者だ!結局のところ各個撃破が必要で、それが全員できるようになるのに何年かかるのよってだけだ。頼むから愛想つかさないでくれ。 菅野 6.0 敢えて言うなら2失点め何とかできたくら…