新しいダイアリー(5)

北海道コンサドーレ札幌と釣り

別に札幌で買う必要はないがわざわざ札幌で買った釣り具一覧

なぜどこでも買えるものを札幌で買うのか?

それはひとえに、札幌への経済貢献のためである。

コルソ札幌

corso-sapporo.com

コルソ札幌は、アメリカ屋漁具がなくなった今、札幌市最大の釣具店である。

とにかくデカい。

宮の沢白い恋人サッカー場から5号線でそのまま小樽方面に行くとあるので、最終練習の見学後にそのまま行った。

モアザンベイソールミノー

モアザンベイソールミノーは、モアザンの名の通り、ダイワのシーバスルアーの一角。シンキングのシャッドである。足場が高いオカッパリや、ボートシーバスの穴撃ちなど、距離に対してレンジを深く攻めたいときに使う。なぜシーバスのいない札幌で売っているのだろうか・・・

がまかつ発光はぜ9号

こんなんマジでどこでも買える。11月頭というのは北海道では何を釣るにも微妙な時期で、狙うなら落ちハゼかなと思って購入。

ハヤブサ 速技スピードチカ オレンジ&ピンクウーリー

同じく釣りもの微妙なのでチカならと購入。結局使うことなく、単なる北海道土産となった。

がまかつ アミカラーハゲ皮サビキ ハヤブサ 小アジ専科 ケイムラサバ皮レインボー

これは同じサビキでも、こっちでやるアジ用。こっちで買えばいいものを札幌で買っておいた。あさって使う。

Berkeley メジャー

今までシーバスのサイズ測ったことがない。そろそろ測ってイキリたいため買った。

つり具センター西岡店

turigu.ne.jp

幼少のころから、武美西岡店からつり具センター西岡店になってからも、ずっと世話になっている。実家に着く寸前に娘が睡眠を開始したため、こちらに遠回り。

シーガーグランドマックスFX2号

私は高級と言える竿・リールを持っていないが、糸は屈指の高級品を使っている自信がある。無色透明な糸、要するに針に直接つながっている糸はすべてシーガーグランドマックス。そういえば0.8・1.5・2.5・3.0は持っているけど2.0がないなと思って買った。

イシナダ タル付きトンボ

これこそ北海道土産。北海道は枝針を出すときに、直結せず、こういうのを使う人が昔はほとんどだった。関東ではほとんど買えない。通販でもなかなか見つからない。

つり具センター屯田

turigu.ne.jp

西岡店より確実にデカい。恐らく、札幌市内で5番目くらいにデカい釣具店(1位コルソ、2位アゼム、3位フィッシュランド美しが丘)。この釣りの帰りに寄った。夏休みのときも寄っている。

AXISCO FLY TYING TOOLS(バイス

西大伍選手に惹かれてフライも始めよう、というのも無くはないのだが、普通の針結びに使うととても体が楽。また、アシストフック作りにも。オフシーズン(そんなものはないが)の嗜みに。

ロッドベルト×4

これは絶対に札幌で買う必要がない。家にあるロッドで、ベルトがなくてうざいなあ・・・と思ってた竿が何本かあるはず、という記憶で買った。実際にはこの倍あった。

マイロッホ

myloch.jp

マイロッホはもともと丘珠の方にあった、とてもシブい店。餌釣り道具はなかった。コルソ内にもアウトドア部だけあるが、釣り具もこっちで復活。

西選手も紹介している。西選手知ってか知らずか、リラ・コンサドーレの元監督、現U-12女子担当の宗像訓子コーチが普通に働いている(兼業コーチなのかな?)。私はひょんなことから遠征中にそれを知ったので、さらに経済貢献を決意。

同姓同名かと思ったけどどう見てもご本人だった

スミス D-コンタクト85

ファストシンキングミノーの金字塔、D-コンタクト。北海道では本流トラウトでよく使うだろうが、私はある目的でこれを東京湾の温排水で使おうと思う。上手くいったら報告。

シュガーミノーボトムトゥイッチャー

これはメッキで使う。つもりだが・・・これも温排水実験やってみるかな?

VANFOOK DRIFTHOOK#2・CrochetCT#6

北海道限定と言われてお土産がてらというのもあるが、普通に太軸、伊勢尼型っぽい懐ということで、根魚ジギング用のアシストフックになりそう。それ用にケプラーっぽいものもセットで購入。つり具センター屯田で購入したバイスで作れるぞ。

メイホウ マルチケースLL

こんなんいくらあっても困らない。

今回はこの目的で使われる

なぜフィッシュランドに行かないのかって?

EZOCAファミリーの一員にならないからだよ。

Jリーグアジアチャレンジ 川崎戦

3-3

裏は取られまくるしカバーリングはいないし、相手の前に立ってもシュートは決まるしで、5年間スポイルしてきたものをまざまざと見せられた試合。宮吉や岩崎や中野嘉などにかけた金で、少しでも後ろのポジションの層を増やしておけば(純粋DFという意味でも、ペトロビッチの認めるDFの位置でスタートする選手という意味でも)

大谷

リーグ戦で試合中に緊急事態になったときは大谷がいいが、カップ戦で育てたいのは中野ってよくわかる、良くも悪くも並のGK感

西

最後の最後で札幌復帰後初のフル出場。やはりボール持ったとき、味方に預けるときのクオリティが段違い。背走させられたときのフィジカル的な不利に対してプラスがあると思われるときはここで使ってもいい

荒野

カバーの位置が完全におかしいので、どんなにプラスがあっても絶対にここで使うべきではないと思った。事故レベルのことが定常的に起きてしまう

中村

ロングボールの目測と一度目の守備で取れなかったときの続きがまだまだだが、「一応プロのDF」相手にドリブルシュート決められる左利きDFは希少

青木

目の前で撃たれて2失点。やはりスクランブルでなければここで使うべきではない。前から戻ってきて守備に参加できるのが凄いのであって、元から後ろで守ってる選手ではない。攻撃の怖さもなくなってしまった。もったいない

藤村

何でもそつなくこなすが、何も突出していなく、こりゃ使われにくいなって思った。パスなのかドリブルなのかフィジカルなのか、カバーのセンスなのか、何かしら出さないと

田中宏

サイドチェンジのトラップしたあとに落ち着くまで時間を要してしまうのがマズい。クロスの質も微妙。顔のいい白井で終わらないでくれよ

ルーカス・フェルナンデス

たまに本気のルーカスさんが見れた。さて、契約はあと1シーズンの模様で、移籍金を払おうとするチームはいくつもあるだろうな

小柏

この空いてなら余裕持ってシュート決まるんだな。相変わらずのスペだったけど

スパチョーク

クロスに合わせる形もあるしスルーパスもある。あと2・3年のうちにマジでチャナティップより上になるんじゃないかな

キム・ゴンヒ

落とし、エリア内での落ち着きなど良かったけど、プレスの開始点としては相当怪しい

松原

うーん中野より若かったらな…というか、2013年に杉山でやるより松原にしとけばよかったのでは?

西野

最後頑張った。来年はリーグ戦に絡んでくるだろう

井川

10分ならノーミスでできる。本人の人権のためにもボランチで考えた方がいい

ドウグラスオリヴェイラ

ゴール前で仕事はできません。かと言ってセンターハーフやらせる守備力もないです。どこかのチームにポジションあるといいね

ミラン・トゥチッチ

ボール触りもしてないし何も感想はない

Jリーグアジアチャレンジ ブリーラム・ユナイテッド戦

2-5

そもそも出場時間上位の選手をほとんど連れてきていないため、タイ王者相手に結果は望むべくもなかったが、久しぶりに見る選手が多くいて、感想の書きがいがある試合になった。

中野

至近距離のシュートは3つ止めたが、井川等のミス絡みもあって大量失点。ハイボールはあまりなく、アピールポイントもなかなか出ず。高すぎる位置取りについては、そもそも4-0-6の状態になり、詰まってしまう現象を助けるためと、俊足のいないハイラインの裏のカバーのため、ある意味仕方ない部分もある(あと5m後ろでいいこともよくあったが)。大谷だったらなくなった失点は1点目だけと思われるので、結果に対する「中野はいつもこうなる、育てがいがない」という評価はアンフェアだと思う。どう考えても言い過ぎ。

西野

世代別代表レベルでも、アフリカの代表経験者相手ではさすがにキツかった。田中が移籍したらそのポジションに入るのは西野と思われ、ここからさらに成長曲線を変えていく必要がある。地味にドリブルも良かった。

井川

中野が悪目立ちする一方で、奇妙なポジショニングとあらゆるプレーの軽さが過小に評価される感じになるのかな…と思ったら、後半にド肝を抜く2つのボーンヘッドを犯した。試合に全く絡んでこない理由がよくわかった。無理に良かった点を探すと、荒野と藤村が降りたとき、自主的に前にポジションを変えて、後ろを重くしないようにすることと、前を向いたときに楔がまあまあ正確に入るところ。

中村

福森との違いを出す、という個人目標を持ってプレーしているようで、ビルドアップにちゃんと参加するし、簡単に足を出して終わる守備をしないし、上がらないべきところでは上がらないし、65分まではスプリントもできていた。リーグ戦にからめるところまで来ているのがよくわかる。高嶺が移籍した場合に備え、引き付けてからのドリブルで剥がすプレーを身につける必要がある。

荒野

いつもの荒野。

藤村

リーグ戦0、ルヴァンカップ1分という、どう考えても今年でお別れの状況の中、ワンツーを駆使した前線への飛び込みと1ゴールで命を繋いだかも。サイドチェンジも見せ、守備は並くらいと、今のところ中原くらいの感じだけど、札幌の引き抜かれ具合によってはまだ残留ある。川崎戦にも期待。

田中宏

ドリブルのあとのプレーにパワーが残っていないタイプ。すぐクロスというパターンも必要。身体能力系はすべてが不足で、両サイドやらされる立場でいうと在籍時の白井に劣るくらいなイメージ。何かしらで突出してこないとこのまま終わる。それがドリブルの勝率である、というのが本人の考えな気がするが、今日の芝のようなシチュエーションではそれが通用しない。

ルーカス

いつものルーカス。

スパチョーク

決めないと…花試合なんだから。それ以外ない。色々ちゃんとしてる。チャナティップみたいなことはできないが、かわりに裏抜けはある。5年契約というとんでもない長さで契約してくれたようだから、いい番号にしてやらないと。

ドウグラス

ヘディングを母の胎内に置いてきてしまったのが悔やまれる。それさえあれば、田中、ルーカス、中村、西野からのアーリークロスが有りになるのに。この前書いたとおりで、前線にいるときより一段下がったときの方がやりやすそう。

小柏

怪我する前に下げてよかった。この芝で無理させる必要がない。

キム・ゴンヒ

無理にシュート撃つとかもできるんだな。要するにほぼ何でもできるわけだ。川崎戦はスタメンでどうなるか見てみたい。

西

ボランチで入ったあと、色々ポジションを変えたが、やはりミスしない、キックが正確というところは味方が誰であれ不動のクオリティなんだなって思った。

青木

ボランチやらせてどうすんだマジで。ドウグラスに変えとけ。荒野を残せ。

高嶺

今語りたくないというのもあるし、本人のブレーキかけたプレーを見て、考えるのが嫌になった。

小野

出て5分だけボール絡みが良くなった。

 

 

 

(クーラーが)スーパーライトジギング

激しく渋い日を引いてしまった。

タックル

f:id:satoshi_cs12:20221111153755j:image

新作 SLJロッド+カルディアLT3000

f:id:satoshi_cs12:20221111153805j:image

新作フルソリッドタイラバロッド+キャタリナBJ200

釣果

開始直後にサバフグ。その後

f:id:satoshi_cs12:20221111153618j:image

オオモンハタ25cm程度。ハタのキープは30cmからと決めてるのでリリース

 

おわり。

2022年累計

アオハタ1

アカハタ1

アカボラ1

アカメフグ1

アジ22

アズマハナダイ2

アマダイ2

アラ1

イケカツオ1

イトヨリ1

オオモンハタ2

オニカサゴ1

カサゴ12

カマス9

ガンゾウビラメ1

クチボソ11

サバフグ1

シーバス4

シロギス7

ソーダガツオ2

タチウオ4

タナゴ1

トラギス2

ハゼ1

ハナダイ2

ヒラメ1

ブラックバス1

ブルーギル11

ホウボウ1

マゴチ1

マダイ2

ムラソイ1

メッキ4

メバル1

ヤマメ1

ワカシ1

大黒で???釣り

明日は小田原からだからガソリン入れなきゃな〜と思ってたら自然と大黒ふ頭にいた。マジで。

胴付き仕掛けをヘチに1本・キャストでもう1本出すだけの単純な釣り。

f:id:satoshi_cs12:20221110164703j:image

根があるからなのかそれなりにカサゴが釣れる。イシモチとかはいないようだ。

f:id:satoshi_cs12:20221110164714j:image

f:id:satoshi_cs12:20221110164724j:image

f:id:satoshi_cs12:20221110164734j:image

f:id:satoshi_cs12:20221110164748j:image

カサゴ4

アカメフグ1

ガソリン入れるのが目的なので、クーラーボックスはおろかバケツすら持たないで来たので、オールリリース。

2022年累計

アオハタ1

アカハタ1

アカボラ1

アカメフグ1

アジ22

アズマハナダイ2

アマダイ2

アラ1

イケカツオ1

イトヨリ1

オオモンハタ1

オニカサゴ1

カサゴ12

カマス9

ガンゾウビラメ1

クチボソ11

シーバス4

シロギス7

ソーダガツオ2

タチウオ4

タナゴ1

トラギス2

ハゼ1

ハナダイ2

ヒラメ1

ブラックバス1

ブルーギル11

ホウボウ1

マゴチ1

マダイ2

ムラソイ1

メッキ4

メバル1

ヤマメ1

ワカシ1

石狩湾新港で???釣り

秋の北海道の釣り物はいくら調べてもサケしか出てこないことはわかっていた。それでもでっかい港なら何かしらが常に釣れるはずだと思ってサビキと(北海道としては)小針の投釣り仕掛けで挑戦。

f:id:satoshi_cs12:20221107212420j:image

結論から言うと、もうちょいちゃんと調べてくるべきだった。

タックル1

DAIWA ホリデーショートスイング20-360

クレスト5000

タックル2

SUZUMIのやつ 15-300

AbuGarcia ロキサーニ4000

釣果

東埠頭にてチカのコマセを早々に使い切ってしまう。

花畔埠頭に移動。

f:id:satoshi_cs12:20221107211913j:image

f:id:satoshi_cs12:20221107212647j:image

ハゼいるんだ。北海道のハゼって小樽と函館にしかいないと思ってたわ。

チカは20年前よりも相当難しい魚になってるね。セレクティブ。サビキではなくトリックじゃないと釣れない。冷凍アミエビでなければ寄せられない。

北海道に来たんだからこんなとこではなく、少なくとも積丹までは出ないと面白くないな。次回、子供という重荷は実家に預けることにしよう。

2022年累計

アオハタ1

アカハタ1

アカボラ1

アジ22

アズマハナダイ2

アマダイ2

アラ1

イケカツオ1

イトヨリ1

オオモンハタ1

オニカサゴ1

カサゴ8

カマス9

ガンゾウビラメ1

クチボソ11

シーバス4

シロギス7

ソーダガツオ2

タチウオ4

タナゴ1

トラギス2

ハゼ1

ハナダイ2

ヒラメ1

ブラックバス1

ブルーギル11

ホウボウ1

マゴチ1

マダイ2

ムラソイ1

メッキ4

メバル1

ヤマメ1

ワカシ1

2022シーズンコンサドーレ感想 FW編

こういうのって普通は総論→各論(ポジション別で守備側から)ってやってくもんな気がするけど、何となく逆でやってみると違う気づきがあると思って。なお、小柏とシャビエルはFWよりMFだろうと思ったので次回にした。

興梠慎三

21試合 1348分 5点

去年夏からオファーを出し続けても期限付き移籍がやっと。今の放り込みミシャならシャドーしか使い道がないだろう・・・と思っていたらむしろジェイの代わりような使い方に。思ってもみなかったポストプレイヤーとして序盤は興梠個人もチームも苦しんでいたように感じる。古傷のひざの手術で3か月程度離脱し、期限付き移籍期間を(ペトロビッチより浦和に気持ちがあるのだとすれば)体よくリハビリに使われたのか、手術のおかげの4ゴールになったのか、果たしてどっちだろう。

PKとクリアボールがぶつかって跳ね返ったゴールを除くといずれもDFの視界から一瞬消えたタイミングでスルーパスが出て、冷静に決め切ったというものであり、やはり誰もが想像する興梠とはこれだな、と思う。つまりDFの視線がパサーに釘付けになるほどキープ力があるパサーと、DFとGKの間にスペースがあることと、興梠のダッシュが20mで済むことの3つがあれば広島戦のゴールが再現できる。(福森からのボールやセットした遅攻では逆に厳しいような。)

浦和 来季監督にポーランド人のスコルジャ氏就任決定的に― スポニチ Sponichi Annex サッカー

なお浦和でキャリアを終えたいらしいが、それに何か意味があるのだろうか?例の居酒屋か?札幌的にセンターFWとしてラインと駆け引きできるのはチーム唯一であり、DFラインからではなく近い位置からボールをサーブできさえすれば(まあできないのだが)、200分に1点は計算できるからだ。シンプルにチーム2番目のスコアラーを失うわけにはいかないというのもある。めちゃくちゃ積む必要はないと思うけど、昨季1点だったのが5点なんだから、条件は考えてほしいものだ(報道によると明らかに浦和との契約は今年で切れるし)。

ただ、この選手を「守備の開始点」と考えると、昨シーズンまでやっていたことはどうでもいいんだね、守備(というか犬走り)の基本水準はそこでいいんだね、と思っちゃう。FWの守備のタスクは制限と誘導で終わりに戻るんだね、と。じゃあ点を取る以外のタスクは全て取り払った状態で出したいよね、という。マンツーマンはどうだか知らんが、少なくともトータルサッカーの看板は降ろして燃やすくらいしなきゃいかん。

中島大嘉

15試合 262分 2点

ルヴァン杯 5試合 187分 4点

時間当たりの得点は確かに凄いのだが、いずれもへべれけになったDFライン(しかもメンバーが片手落ちの)に、アーリークロスを放り込んで恐慌状態にさせたもの。5月以降はしっかり研究され、完全に得点活動を停止している。ボール非保持時のプレスが本能によるもので無駄走りが多く、1度プレスを外されると動き直せないまま体力を浪費していき、さっき出てきたばかりのはずなのに、まだアディショナルタイムでもないのにへとへとで攻撃もままならない、というシーンを幾度も見せられることになった。逆に言うとそんな感じなのに6点取っちゃってるのが才能。騎手と終始喧嘩してるのに未勝利戦を15馬身差で逃げて最終的に3馬身差で残る馬みたいな感じがする。将来苦労しそう感も同じ。

西大伍YouTubeを見ていても、シュート精度がかなりとんでもない(YouTubeの撮影程度で緊張したならもっとやばい)ので、攻守にやることが山積み。同YouTubeでの会話を見ていても「こういう雑なFWのままも個性としてありなんじゃないか、面白いんじゃないか」とでも自己評価していそうで怖い。それが良くないとまでは言わないが、何でもできて得点もできるやつが最高なのは間違いないからである。古今和歌集にハマってますとか本当に怖い。

キム・ゴンヒ

8試合 247分 2得点

死にかけの札幌に舞い降りたのはいかにも韓国の優男といった感じのナイスガイ。全身を巧みに使い、ボールを確実にゴールに向かわせ、FWなのに強引な一か八かのプレーはほぼ行わない堅実性の塊。(出てくるのが後半だからだけど)ゲーム終盤に2得点2アシスト(3アシストかも)と勝負強さも持っている。ただ、リード時に前線でのキープ力とプレス強度のアップの両方を求める仕事はダメだった。先発フル出場も未知数。なのでミランを強くしただけの可能性もあるといえばある。とはいえ、最終戦翌日にしてFWいっぱいいなくなると内々定している状態なので、来期のトップの最右翼であるから必ず残っていただきたい。

ドウグラスオリヴェイラ

7試合 175分 1点

ルヴァン杯 5試合 262分 0点

J1札幌 FWガブリエルシャビエルが“惜別弾”で退団へ…MFルーカスフェルナンデス、FW金健熈は残留へ : スポーツ報知

入団時からずっとそうなんだが、敵CBとの勝負は基本避け気味で、恵まれた体格を持ちながらもチームが深くまで攻め込んだとき飛び込むでも裏抜けをするでもなく下がって待ってしまうなど、やってることはインサイドハーフインサイドハーフとしても守備力が全く不足するので、起用は、となってしまうのは当然の流れかもしれない。J1で2.5年で5点?借り手がつくとは思えないのだが・・・

ミラン・トゥチッチ

札幌で柏から3点取っただけの男ことミラン

J1札幌 FWガブリエルシャビエルが“惜別弾”で退団へ…MFルーカスフェルナンデス、FW金健熈は残留へ : スポーツ報知

YouTubeにあるミランプレー集を一目見た時から、「この閑散とした牧歌的なスタジアムで緩いDF相手に得点を重ねる姿・・・テレの匂いがする」と感じていた(事後孔明ではなくマジ)。DFライン中央付近に立って待ち、直線的な動きでゴールに向かい、DFの監視が弱ければ強力なシュートを放てるという、FWならだれでも得意そうなことが得意な方。1.5年で3点(しかも1チーム相手)で、借り手がつくとは思いません。