新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

俺ガイル12巻をめぐる横浜周遊旅行

俺ガイル12巻の発売日であった9/20は、ひょんなことから、自然な書籍流通を久々に目撃することとなった

背景

そもそも、11巻までは7.5巻・6.5巻・10.5巻も含めほぼ均等に4か月に1冊のペースで刊行されていて、わたりんは生産力に秀でた作家であった。しかし、11巻が2015年6月に発売してから急に2年以上、DVD特典などを除いた新作小説が一切刊行されなくなった。アニメ終了とタイミングもぴったりであり、ありがちな「アニメがコケたので原作者がショックで筆を折ってしまった状態」に入ったかとも思われた。

しかしながら、谷川流(今でも新刊を待っています)のように、「一切音沙汰がなくなって生きているか死んでいるかもわからない状態」にはならないばかりか、江口拓也や堀井チャドと飲んでいる様子を共有するなど、刊行を待つファンには挑戦的ともとれる態度を取り続けていた。本業の方がどうかというと、2016年7月と2017年1月にクオリディアコード、2016年3月~2017年7月まではガーリッシュナンバーを月刊連載するなど、他のシリーズを精力的にこなしている。2016年夏ごろからは、これら他作品の告知ツイートをするたびにリプライ欄は荒れ、このアホ達は続きを読みたいのか作者を潰したいのかわからんなと思ったものである。(刊行ペース的に2015年冬に12巻が出ているべきともとれるが、上記2作品の準備期間と考えれば酷な事である。)

一方自分は、1巻こそ発売から結構たって買ったものの、2巻からはほぼ発売日に買い、だいたい発売日中に読み終わるため、ネタバレを受けないというかネタバレ自体を危惧していなかったが、アニメ開始後は読者も増えただろうということで今まで以上に早く読み終わることを意識し、10巻と11巻は発売日に休みを取って日の高いうちに読み切った。9/20も8月末の時点で休みの申請を済ませて待機していた。(娘の入院等で、休みが別の形で生かされることになったが。) 

当日の流れ

8時ころ

横浜駅のBOOK EXPRESSに12巻が売っていないことを確認。本屋といっても売店のデカいやつといったレベルの店だし、想定内であった

8時半ころ

10巻の時に早朝購入(その後神奈川県内を小旅行しながら読破)したBOOK EXPRESS大船駅店にも売っていないことを確認。しかし、妹さえいればいい8巻や、され竜20巻がちゃんと平積みで売っていることで、異変に気付く。Twitterで情報収集を開始したが、誰も入手した形跡がない。

9時ころ

  • アマゾンが発売日表記を9/21に変更した
  • 学生と思われる数多くのアカウントが「学校に遅刻orおさぼりして本屋来たけど売り切れていたすごい」とツイートしていて、心温まる

10時前

  • 桜木町BOOK EXPRESS・みなとみらい文教堂など回るがいずれもいれば8巻とされ竜20巻のみ
  • ナチュラルローソン限定グリーンカレーまんを食いながらさらに情報収集し、この時点では全国どこでも売っていないと結論
  • 岐阜のやつが「朝一で本屋にきたのに売り切れでコンテンツ力凄い」みたいなポストをしていて心温まる。岐阜で発売日に発売すると思ってるあたりが・・・周囲にそんなにオタクが住んでいると思ってるあたりが・・・

11時ころ

  • 横浜駅まで戻り、有隣堂西口もいればされ竜、そごうの上もいればされ竜であることを確認
  • 読破してから行こうと思っていた警察署に行って車庫証明の申請をキメる
  • 警察署付近の小さな本屋はガガガ文庫自体売っていない

12時ころ

  • 全てをいったん諦めて中華料理屋へ行く
  • 取次から最も近い大型専門店(すなわちとらのあな秋葉原)に荷物が届く
  • 数分後に山積みされ、俺ガイル12巻1冊だけを持ったオタクで長蛇の列ができる

12時半ころ

帰宅してPCでTwitterをクロールさせる。上記とらのあなの件を確認。結婚して以降、アニメイトとらのあなの類には一切入らないルールで生きているので、横浜で発売が確認できるまで家で別のことをする

13時ころ

  • 千代田区内の別の書店(一般的な書店)で入手報告あり
  • 放射状に入手報告がされるので、今まさに出荷中であることを把握

13時40分ころ

有隣堂西口で買った報告がついにされる。再び家を出る

14時ころ

横浜駅西口の有隣堂で購入。11時頃に行ったときはなかったが何故・・・

以降17時ころまで

  • 千葉・埼玉県内各所で入手報告
  • 千代田区で主力とは言えない本屋でも販売が開始される

  • 数年ぶりにドリンクバーに行ったり公園で怪しまれたりしながら読み進める 

それ以降

バレ感想が投下され始める。私も読了したので読書メーターにて「嘘は言っていないが本質とは全く異なる感想」を書いて終了。

21:30ころ

この生放送にて「まだほとんどの人が手にしていないから避ける」という旨のコメントをする。ちなみに刊行しないことについて暴言を言い続けてきたファンに対しては恐縮することなく、むしろ怒りの様相だった。 

以上が9/20の顛末である。新刊って言うのは本屋の棚に前夜とか早朝とかに納入され、開店前に並べられるものだと思っていた(いればされ竜はそうっぽいし)けど、何故こんなことに?と思って調べたのが以下。

搬入発売の書籍の物流の仕組み 

書籍は出版社から小売店に直接輸送されるものではなく、取次を必ず介する。

出版社⇒取次⇒各小売店

取次(トーハンと日版でシェア7割)は神田に集中(神田村)しているため、書籍は東京都千代田区から順に遠方に納入されていく。

①取次搬入日の中3営業日前午前中

出版営業が取次の仕入窓口に見本を持っていく
  • 希望部数を伝える
  • 部数の確認はX日ですという返答

②取次搬入日の中1営業日前午前中

部数確認・決定

③取次搬入日の午前中

新刊搬入口へと納品

渋滞や3M変更などで遅れることも

④取次搬入後すぐ

各小売り店舗向けの仕分け
  • 都内の超大型店にはその日の午後便で届く
  • それ以外の店舗は「取次搬入日=書店発売日」とならない

参考文献:書籍と雑誌の発売日 その2 - 備忘録(仕事と晩飯)

ちなみにアマゾンはこの慣習を破ろうとしている

アマゾン、本を直接集配 発売日に消費者へ :日本経済新聞

この施策はきめ細やかな宅配便網に依存している。ご存知の通り、物流大手が料金やサービス内容の見直しによって即配路線から手を引こうとしているため、結局「書店発売日に読者の手元に」は完全には達成できない可能性が高いと思う。 

今回の件はこの「搬入発売」がしっくりくるが・・・

協定品の仕組み

一般の単行本ではよっぽどの話題作のみ適用されるが、コミック・ライトノベルの類では現在一般的な手法。

取次協会による発売日の決定

神田村で特定銘柄の出荷日を地区別に定め、公式発売日を各取次間で統一する

事前搬入

出版社が3日ないし2日で分割で取次に搬入し、取次搬入日~積込日当日の朝までに遠隔地から順次商品は出荷されるが、発売日前に書店入荷しないよう出荷日を調整する。

いれば・され竜はこれだろう。そうでなければあんなに朝早くからキレイに並んでないだろう。実際、ガガガ文庫はこの「協定品」である 。

参考文献:http://ariccy.blog.shinobi.jp/Entry/146/

今回に限り協定品じゃなくした?

ガガガ文庫公式アカウントが「書店によっては午後に発売する」と書いている

 

 

前日以前のツイートでは、ガガガ文庫もわたりんも「20日くらい」と濁している。しかし、

いればは20日と明言されていて、そのほかの作品も「頃」などついていなかった。これはやはり、文庫レーベルがそっくり協定品になっているが、何故か俺ガイルだけ搬入発売となったとすれば、しっくりとくる。

とおもったら書店ブログで裏が取れた。

comicbookstore.blog39.fc2.com

今月のガガガ文庫は「昨日入荷で、本日の朝から店頭出し」でしたが、こちらの「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12巻」のみ発売が延期されておりまして……

 

本日の午後便での配本で御座いました。

 

 

いやー

もー

 

昨日からお問い合わせが殺到!

今日も朝から聞かれまくりで御座いました(汗)。

orz

 

 

そして品出しした瞬間から売れる売れる……。

 

貫禄を見せて戴いた気分で御座います。

 

 

なお。

勤務先書店には三ケタの配本数でしたので、当分は安心して販売を続けられるのではないかと思われますですよ。

名推理

バレ防止のために1作品だけ取次搬入を9/20にしたのではないか説

協定品は協定を組んでいても、店舗への到着が狙った日より早くなる事象がどうしても発生するので、そこに「フラゲ店」が発生しやすい。俺ガイル12巻ではバレて困るような大きな物語の進行はなかったものの、結末の示唆に富む内容であったし、レーベルの稼ぎ頭だからこういう特別なことをした説。

編集都合説

ガガガ公式かわたりんか・・・どこかで「編集都合で・・・」と記載あり。何故か探せないので消えた?

あとがきがないことからも、12巻は相当急いで出したのではないか?(あとがきは一般的に本文の校正がすべて終了してから書くものらしい)よって協定品でありながら前日までに書店納入できなかったと

そもそもなぜ一瞬4/18発売と発表されたのか?書き直しに5か月かかるレベルの修正をしたのか?(少なくともイラスト変更必須なくらいの)などいろいろ邪推して、何となくこっちの説の方が強そう。なお、発売日に読了できたことには変わりないので最早どうでもよくなってしまった。

以下感想 

予想される物語の結末

[確定した]

  • 小町と大志が総武高校に合格した

もともと彼らの抱える問題は受験くらいなもの。これでシャンシャンなのかな。最終巻で八幡がキツくなった時に小町がちょいと助けてくれるくらいかな

[ほぼ確定した]

  • 物語中の3月末(12巻末からみて次月末)に平塚静退任

陽乃に「飛ばされるんでしょ?」と言われ、静は否定しなかった。雪ノ下母と刺し違えて退場するのだと切なすぎるので、八幡が何とかするんでしょ。というかして

[13巻もしくは最終までに片付けること]

  • 雪乃の相談解決(雪ノ下家の問題解決)
  • 隼人と雪乃の関係の整理(幼少時にデスティニー・・・まあディズニーランドに行っていることは語られた)
  • 奉仕部3名の共依存の解消
  • ガハマさんの戦後処理

ガハマさんはまだ雪乃に八幡への気持ちはあるのかと問いただしていないので、先走っている感はあるものの、12巻のラストで八幡獲得レースからの退場を決め込んでしまった感が強い。一方、雪乃はどこにプライオリティを設定して進んでいくのか?修学旅行後の一件が解決してデレてから、優柔不断さを増した感がある。どうカタがつくのか一層楽しみになった。ここはわたりんの生産力に期待して、11月に13巻を出してみてはどうか? 

スランプで書けなくなった場合の解決策でもあるにせよ、エースクラスの作家には代表作の合間に別の仕事をさせることはよくある(電撃でもよくやっている)。個人事業とはいえ、作家にとって出版社は食い扶持を維持してくれる「雇い主」と言って差し支えないだろうし、もし便利屋として2年間幽閉されたのだとしたら可哀そうだ。よくぞストーリーの逸脱もキャラの崩壊もなく新刊を出せたものだ。しかも発売日の午前中は誰も新刊を手に取れないという事件付きで、夜に生放送で胆力を発揮するとは、わたりんすごい。見直した。

簡単に言うと新刊が出たことで安心している。

第26節 神戸戦

0-2

ボランチの位置で抑えるべきポドルスキーが全く自由で、勝つ気が全く感じられなかった。先週からそういう風になっていたのにも関わらず軽視した、元日本代表スカウティングスタッフの名折れである

ク・ソンユン 5.0

そのこぼしで何回試合を壊せば気が済むんだ

横山 5.5

ポドルスキーに完敗

河合 5.5

モタモタおじさんに戻ってしまったよ

福森 5.5

枠にも飛ばないようでは

宮澤 5.0

休み疲れってやつか。とにかくいらないキープからの相手ボールが多かった

兵藤 5.5

すっかりお疲れの御様子

早坂 5.5

先週の突破はもう封印ですか

石川 5.5

攻撃のあらゆるプレーがダメ。なまじポジショニングがいいだけに余計に目立つ

チャナティップ 5.5

確変終了か

ヘイス 5.5

パスがクソ

都倉 5.0

CKでマーク外すし、相手を痛めつけることが目的としか思えない試合の参加の仕方。当然のように交代

ジェイ 5.0

当然のように交代して入ったはいいものの、下がって来ず孤立したかと思えば

上がっていかずクロスを上げられないなど、意図のわからないプレー目立つ

小野 5.5

受けるポイント作りに徹し、何とか試合の体裁を維持して終わらせるプレー

菅 5.0

試合に本当に出ていたのか怪しい

広告を非表示にする

お久しぶりです

初出走初勝利を決めた馬が放牧され、再び出走待機するまでにまさか一頭も出走しないとは

近況

ピラミマの15

今週ノーザンFしがらきへ移動予定

ドナウブルーの15

538kg→542kg→553kgで牧場コメントは依然として「順調」なのだが、馬肉としてであろうか

ターフローズの15

右前脚に骨瘤が出てきたため16-16で調教していたが、今度は左にも骨瘤

レーヴドリーヴ 在厩

ついに入厩。さっそく坂路に入っている

60.3-43.9-28.5-13.8

まあまあかね

ダブルフラット 放牧

ゲートに受かった後に放牧中。POG界の1番人気ヘンリーバローズに勝ったワグネリアンと母が同血で期待が大きい。

ラヴアンドバブルズの15

秋入厩予定。

エルディアマンテ 放牧

入厩してゲート合格後、外厩へ。いた間の調教は

美南W 60.1-43.8-14.4

美南坂 56.2-41.6-27.7-13.1

マトゥラーの15

よくわからないが調教の強さが落とされている

コンキスタドール 放牧

ゲート受かった後に放牧中。

ディロス [1-0-0-0] 700万 特別登録 出走確定

野路菊Sに出走するが、今年度断然人気のヘンリーバローズに勝ったワグネリアンが相手に。まあ、勝ったら儲けもんくらいで

ソベラニアの15

跛行いたしました

広告を非表示にする

第25節 磐田戦

北海道コンサドーレ札幌2-1ジュビロ磐田

横山をストッパーで起用し、いくらでも破られかねないと思っていたが、タイプ的にアダイウトンにばっちり決まっていた。同点ゴールの都倉にかえてジェイの投入に、また運動量下がる交代したぞ、コース切れなくなってどんどん攻められるぞ、と思ったが、磐田は9人相手の札幌のごとくサイドからのビルドアップにこだわり、ジェイはむしろDFラインを下げさせる効果が強く出たのではないか。宮澤にかえて小野も同様の危惧を抱いたものの、アシストのアシストを決めるし、何故か終盤になってもボランチは兵藤だけで事足りていた。上手く行かないと思ったことが全て上手く行った、望外の勝ち点3であった。しかも、その後の試合で15位甲府は負け、16位大宮は負け、17位広島対18位新潟は引き分け。まあ清水仙台は勝ったが。上手く行きすぎに対して待つのは揺り戻し。次節からも気合入れていこう

ク・ソンユン 7.0

結果的には前半25分ごろの連発のアレで勝負がついたことに

横山 6.0

アダイウトンほぼ完封でもPKとられたから(今年2本目のエアタックルでな・・・)

河合 6.5

あれ?2011河合がいる

福森 6.5

1個は決めて見せつけたかった

宮澤 6.0

また怪我したの

兵藤 6.5

アヘアヘ球拾いおじさん

早坂 6.5

めちゃくちゃ下手くそがガチャガチャしたら突破できたみたいなプレー多い(上手いんだろう)

石川 6.5

アシスト以外はクソボールだけど

チャナティップ 6.5

いつもよりは目立たず

ヘイス 7.0

あれはPSVアイントホーフェンのヘイス

都倉 6.5

娘誕生おめでとう。GKと1対1で撃たず、その次のプレーでPK与えることになり、こりゃ戦犯かと思ったところで同点ゴール

ジェイ 6.0

起点の維持&磐田への威圧感

小野 6.5

ナイスアシストのアシスト

荒野 6.0

守備緩めかと思ったら完璧だった

広告を非表示にする

ビシアジ竿入魂

9/3

懸念された台風は日本のかなり東を通ったため、9/1・9/2こそ剣崎の各船は出なかったものの、この日は海も平らでほとんどうねりも残っていない好環境であった。

6時に松輪から出て前半はオキアミコマセでタイ・イナワラ狙い、後半はイワシミンチコマセ+赤タンで松輪サバ・アジ狙いというプランで仕立て。

タックル

自作ビシアジ竿

ダイワMAG MAX300

PE3号

サニービシL80号

4号8m1本針+クッションゴム100cm

f:id:satoshi_cs12:20170903054710j:plain

6時よりちょっと早く出船。ほどなくしてタイ狙いで剣崎沖の浅瀬に到着。18~25mくらいに腰を据えてどっしりとアタリを待つ。

3時間後

f:id:satoshi_cs12:20170905212054j:plain

移動!タイはいない!

80m前後の深場でビシを130号のアンドンビシに変更し、アジサバ狙い(サバメイン)に切り換え。やはりアジは癒し。すぐにアタリがやってきた

f:id:satoshi_cs12:20170905212212j:plain

ここから2時間ほど飽きが来るほどに釣れた。贅沢な話ではあるが・・・

アジはもういいかなと思って80mまでは落とさず65~75mを攻めてみるが、それでも釣れてくるのはアジ。高めを攻めているからか、上あごにガッチリ合わせが決まっていてバラシが少なく、むしろ数が伸びていくというくらい。

夜光玉をつけたらサバになるかな?と思って夜光玉有の仕掛けに変えてもアジ。

ハリス4号にしたらアジは見切って別の魚が食うようになるかな?と思ってもやはりアジ。

餌を赤タンからオキアミに戻してもアジ。むしろ良型になった。

サバは偶然上げてる途中に食った2本で終わってしまった。イナダの顔が見たかった。

サバ2

アジ20

動画

累計

アカボラ4

アジ39

アマダイ4

ウミタナゴ1

カサゴ14

カワハギ1

サバ4

シロギス24

サビハゼ2

ショウサイフグ1

ニジマス5

マゴチ1

メゴチ16

メバル13

レンコダイ2

広告を非表示にする

2017年8月の読書メーターまとめ

8月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:392
ナイス数:4

かんなぎ (12) (REXコミックス)かんなぎ (12) (REXコミックス)
読了日:08月07日 著者:武梨 えり
新約 とある魔術の禁書目録 (16) (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (16) (電撃文庫)感想
表紙詐欺も甚だしかった
読了日:08月19日 著者:鎌池和馬
月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:08月25日 著者:椿いづみ

読書メーター

バットジョイントのビシアジ竿自作

色々な船釣りがしたい。しかし、1本の船竿では当然カバーできない

実際、今のDAIWAライトゲームX-MH190・アルファタックルプロファイター潮LC80-270ではもうかなり難しい段階にきている

少なくとも軟らかい・硬いと短い・長いの組み合わせで4通り欲しい

そこで、1本ずつゆっくりと作っていこうと思うのだが、家の中に竿の収納スペースがないため、複数の竿を用意して守備範囲を維持することはできない。シマノのBJSやアルファタックルのMPGのようなバットジョイント方式を採用し、1つのバット+複数の竿先という形を作りたい

f:id:satoshi_cs12:20170830213314j:plain

こんな感じのやつを・・・

ということで最も細かい精度・バランスの要求がない「硬い・短い」の竿、具体的には160cmくらいで130号ビシを使えるものを低コストで・・・

バット

f:id:satoshi_cs12:20170527160328j:plain

本当はMPGみたいに全部アルミで作りたかったけど、バットだけで2万円かかりかねないので、今回はグラスパイプをメインに採用

f:id:satoshi_cs12:20170527160418j:plain

リールシートはDPS-BFSD18(DPS-SD18+フェルール)という便利なセットがあるので、それをそのまま使う

f:id:satoshi_cs12:20170528180310j:plain

グラスパイプの寸法上はリールシートにすっぽり収まるはずだったのだが、製造がアバウトなのか入らなかったので、少し削って挿入

黒のグリップテープを2㎜だけ隙間を空けて巻き、その隙間には赤の飾り糸を巻く

f:id:satoshi_cs12:20170528204653j:plain

完成後赤の飾り糸の発色が悪い(この写真の見た目よりは良い)という感想を抱いたので、ここはもっと光沢感が強いやつか、ラメが入ったやつとかにすればよかったかもしれない

f:id:satoshi_cs12:20170528180514j:plain

グリップエンドに転落防止等に使えそうなリングを付ける。これがあると重厚な沖釣りの竿だっていう感じがしてとても良い

f:id:satoshi_cs12:20170830195050j:plain

エポキシでコーティングして完成

ブランク

f:id:satoshi_cs12:20170527155432j:plain

アークス根岸店(根岸店しかないけど)で購入した1.5-10.0の1200mmグラスソリッド(高密度でないやつ)を採用した

このアークス根岸店、いかにも「近所で釣りする人のために餌だけは充実させとくよ」系の面構えをしておきながら、ロッドビルディング関係のコーナーの充実ぶりには目を見張るものがある(加えて、イカ全般に力が入っていることもうかがえるし、時たま60%以上の常軌を逸した値引きをしてくることもある)。

常用するサイズのグラスソリッドブランクは全種揃っていると思ってよい。

しかも、各サイズごとに「○○用」「ライトな○○用」「長めの○○用」などの説明つきでありがたい。

実際、この説明文を参考にして選ばせて頂いた

塗装でいこうと思っていたけど、若干硬めな気がしたので糸巻+コーティングにする

赤と黒の2本ラメスレッドを先端から根元まで通しで巻いていく

f:id:satoshi_cs12:20170830195043j:plain

エポキシコーティングはA:B:薄め液=3ml:3ml:0.5mlでやってみたが、この長さの竿では余ってしょうがなかった。恐らく半分で十分いける

夏なので良く乾く。2時間回しっぱなしにしておけばゴムぐらいの硬さになり、その後一晩放置でカチカチ

糸の太さがあるのでザラザラ感がかなり残っているけど、この時点で重ね塗りはせず、ガイドを付けてからにする

低コストがコンセプトなのでこれで良い。時間もコストの1つである

グリップ

ほとんど持たないんだから何でもいいのではないか、そもそも下手にコルクとか革テープとかを使うとオキアミ汁が染み込んで取れなくなるのではないか、ということでEVA

f:id:satoshi_cs12:20170830210209j:plain

サイズはフェルールに合うものが売っているので素直にそれを購入して2液接着剤で協力に固定するだけ。

ガイド

f:id:satoshi_cs12:20170527155816j:plain

トップはSiCリングのMN6ガイドを採用。ここだけはコストを落とせない。というか、よっぽどの古い在庫でなければハードリングで船竿のトップガイドって売ってないのではないか

一方、置き竿にして目視でアタリ取るし・・・と思って、トップ以外のガイドは重いしハードリングだけど安価なNOGガイドを採用

NOG6×5

NOG8

NOG10

NOG12

NOG16

NOG20

ガイドの間隔は、130号のビシ+20号オモリ(魚の分)を持ってみて、道糸がブランクに触らないように微調整した。結果的にこうなった

f:id:satoshi_cs12:20170830221611p:plain

完成(仮)

ガイドを巻いた白糸の発色が著しく悪い(そりゃ赤と黒の上に巻いたから)とか、コーティングが薄いし整地されてないとか、色々課題は残っているけれど、破損さえしなければそれらは釣りをしてからでも追加でできる作業だから、竿としての機能はこれで完成とする

f:id:satoshi_cs12:20170830195027j:plain

今週久々に船に乗る予定があるのでそちらに持ち込んで試し釣り

台風ドッカイケコノ