新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

第23節 川崎戦

f:id:satoshi_cs12:20170819171135j:plain

f:id:satoshi_cs12:20170819172805j:plain

f:id:satoshi_cs12:20170819190021j:plain

1-2

札幌の「これで閉じた」は川崎の「空いてる」にあたる。だからパサーにはもっと詰めなければならない。より高い位置で戦い、通されたら即失点という状況は消しておかなければならない。低い位置から繋いでくる相手だからこそ、高い位置で守備を開始することで、ラッキーなチャンスもつかめるかもしれないということがわかった

わかったところで勝てなかった

ク・ソンユン 5.5

チャンスはなかったかもしれんが枠内に来たシュートあまり止めてない

菊地 5.5

1対1はまあまあ勝つものの、そもそも誰と1対1するのかわかってない感

河合 5.5

横山くらいのライン設定なら何とかなっていたかもしれない

福森 5.5

最後に足つってなければ、兵藤が蹴ったFKとCKのどちらかで決めていたのではないか。あとマークは相変わらず

荒野 5.5

川崎の中盤の相手にならずあっち行ったりこっち行ったり

兵藤 5.5

雨だとより一層遅くなるの

マセード 5.0

何で切り返してもどうせ左足なのに切り返して、読まれてもなお潰され続けるの

石川 5.5

本人にとっては急に左サイドハーフをやらされ、ボールが来ても突破なんてできないし何のこっちゃという感じであろう。そこで使う奴が悪い

チャナティップ 7.0

もう攻撃も守備も全部お任せに近い

都倉 5.0

全く存在感なく、いなくなった後の方がチャンスは増えるし守備も安定

ジェイ 5.0

守備は穴を空けるし、ボールサイドがどちらかも考えず好きなところでカウンターを待っているようなプレーに終始している以上、得点したかしないかで判断するべき

ヘイス 6.5

守備陣がちゃんとしていれば殊勲のゴールになったのにね

菅 5.5

ターゲットが多いんだから単純にクロスでいいとよくわかってるじゃん

内村 -

広告を非表示にする

第22節 甲府戦

1-1

横浜戦と総合すると、GKは一時の不具合だったが、DFは不治の病であった

ク・ソンユン 6.5

いつもながら、いなきゃ1-2か1-3だった

菊地 6.0

他の2人がアレだからかもしれんが、だいぶ標準的に感じた

河合 5.0

そこまで出て行ってサクッはやめろ

福森 5.5

そんな塩対応しかできないのなら、最後のFKは決めてもらわないと困る

荒野 6.0

ボール拾ってたし前節よりはマシになった

兵藤 6.0

宮澤と組んでから非常に良くなった

マセード 5.0

バカの1つ覚えのようなドリブルに徹し前半で終わる

菅 5.5

少しくらい突破してよ。突破したらちゃんとしたボール蹴ってよ

チャナティップ 6.5

攻守におんぶに抱っこさせてくれ

ジェイ 6.5

決めた。ただし守備はクソ以下。ダヴィと同様、「ジェイは得点できるが、ジェイ以外が得点できなくなる」の可能性が高い

ヘイス 6.0

「都倉がいないと守備がヤバい」という認識を持てる能があったとは

宮澤 6.0

半分でも十分わかるかけがえのなさ

金園 5.0

攻めも守りも効いてないし、出した意味って?獲った意味って?

内村 -

先発するアピールしとけよ

広告を非表示にする

【悲報】僕将、1か月余計に大宮を応援してしまう痛恨のミス

無駄なプランの撲滅

win-as-a-team-cs12.hatenablog.jp

前々回の記事。あまりに高い固定費を紐解いてみたら、プランもあっていなければ不要になったサービスの解約忘れ、2重登録まで発覚したというもの。

ASUS Zenfone3を購入

win-as-a-team-cs12.hatenablog.jp

前回の記事。docomo with対象機種に一括払いで変更して1620円割引をゲットし、即座にSIMロック解除して使いたくもないarrowsにおさらばするというもの。

顛末

時系列順にするとこうなった

7/16 ドコモオンラインショップにてF-05Jに一括払いで機種変更

7/19 F-05J 家に到着 nanoSIMカードも到着

7/20 Zenfone3 家に到着 旧SH-04GのnanoSIMを挿入

   この時点で通話もデータ通信も問題なく、このまま新しいnanoSIMは綺麗にとっとく決断をする。

7/25ころ My docomoでいくら確認してもdocomo withがどうとか出てこない

7/29 浦和レッズに勝利

7/30 オンラインショップの購入履歴を確認し、「開通手続き」の存在を知る

7/31 開通手続きの猶予は20日あることを知り、月曜で忙しいしあとでやろうと決断する

8/1 早めに帰って来たので、SH-04Gで使ってたnanoSIMから今回届いたnanoSIMに交換

8/2 My docomoでいくら確認してもdocomo withがどうとか出てこない(2回目)

8/3 怒りの問い合わせメール

8/5 以下のようなわかりやすく丁寧なありがたい返答が来る

f:id:satoshi_cs12:20170810215647j:plain

「開通手続きの翌月適用となります。」

開通8/2⇒翌月(9月)からの適用

やっちまった・・・!!

7/31までに「開通手続き」をする必要があったのだ!

なまじSIMが同型で流用できるから不通になるリスクを嫌がって昔の方のSIMでしばらく使おうとしたのはバカとしか言いようがなかった。

docomoからすれば料金プランが変わるんだからSIMに紐づけてるはず。だから同型のSIMとわかっていながら新しいのをよこしたんだろう。少し考えればわかることだった。

8月に割り引かれるはずだった1620円が回りまわって大宮アルディージャの勝ち点1になってしまったかもしれない。おぞましいことだ

第21節 横浜戦

0-2

問題点の対処でも、整備でもなく、ただ何となく選手を投入していくだけで試合をどうにかしようというここ最近の手法は、後先考えないプレーで1人退場した今日も健在であった

バカな監督にはバカな選手が似合ってるってか

もう中断もないし監督変えることも間に合わないだろう、移籍のウインドウもそろそろ閉じるとあって、頭を抱えるしかない状況である

ク・ソンユン 4.5

2点とも味方のミスからシュート(2点目は正確にはシュートではない)されたとはいえ、両方自陣ゴールに叩き落すスーパープレー。杉山でも見たことない

菊地 5.0

ちゃんとマークしとりゃ糞ンユンもなかったのに

河合 5.5

ロングボールもアバウトだし、「減らされる」対象であるってことは

福森 6.0

高さあるジェイ投入してさあ一発狙いだというところで後ろに下げられた。さすがに監督が悪い

荒野 5.5

宮澤がいないとダメもしくは3人でボランチやらないとダメ

兵藤 5.5

荒野と違って変なファールもしないがその分奪うのも少なめ

マセード 5.5

ドリブル通用せずコネコネロストし「右の堀米」になってる

菅 5.5

自陣で3対3でクリアを選択しなかったことで糞ンユンが降臨した

チャナティップ 6.0

「シュートがない」は否定したが

都倉 4.5

「ビハインドで退場したら試合が終わる」「例えここで負けても甲府にさえ勝てば」がわからない、頭がおかしいとしか思えない退場劇

ヘイス 5.5

ボールには絡むし繋ぎはまあまあ正確なものの、スプリントが少なすぎて相手DFラインが全く変形しない

ジェイ 5.0

走る気がないなら中で待ってろよボーイ

内村 5.0

えっ重っ

小野 -

こんな使われ方ばっかで申し訳ない

広告を非表示にする

第20節 C大阪戦

1-3

代役のクオリティの差が試合を決めたと言ってよい。セレッソはトップ下コンバート後快進撃を続ける山村を欠いたが、サントスは十分にフィジカル面で山村を再現しており、テクニック面ではゴミカスだったが、身体能力に劣る菊地と知能がないキムミンテ相手には取るに足らないことだった。札幌はほぼすべての勝ち点に寄与するGKクソンユンのかわりに金山を起用したが、サイズ・読みの点で大きくレベルが落ちた。宮澤の代わりに入った荒野は「行く・行かない」の判断と最終ラインのカバーについて問題があり、進藤の代わりに入ったキムミンテについては、そもそも進藤を替える理由がない。総じて、クソンユンの出場停止でほぼ勝敗は決まっていたものの、無残な試合にしたのはスターターの選び方にあったと感じた。前節の試合の進め方といい、やはり、このまま任せておくのは悪手ではないかと思う。

金山 5.0

クソンユンなら1~2本は止めたでしょ

キムミンテ 4.5

知能のないプレーに終始。外国人選手が怪我で出られない状態だった時もスタメン落ちしていたのに、なぜ急に「進藤より上」と判断したのか?

菊地 5.0

キムミンテに手を焼きすぎて頭に血が上ったか、粗雑なカバーに終始し、試合の破壊に参加してしまう

福森 5.5

キックも使う機会がなきゃただのひ弱なストッパーになる

兵藤 6.0

いつも通り走り、いつも通り戦っていたとは思うが、負けた時は何故か記憶に残らない 

荒野 5.5

全ては開始直後の緩慢なプレー。その後どんなに頑張っても、いや、そんなに頑張ってなかったか

マセード 5.0

ブラジル人らしからぬ一本気なドリブルを披露し、何度読まれても愚直に実行する

菅 6.5

あそこに入っていけたのは相手が引いてサボったからとはいえ、ナイスゴール

チャナティップ 7.0

ボールをほぼロストなく運べるし、ナイスアシストも決めたが、ゴールと味方が見えたらほぼ味方を選択するのはどうにかならんか

ヘイス 4.5

どこにいるかわからんし、守備もしないし、下がってきて運ぶのかと思えばすぐリターンするだけだし、たまにシュートを撃てば枠の外

都倉 5.0

駆け引きとか味方を囮にするとかないから一切フリーにならないんじゃん

河合 5.5

まあ酷かったが、一応出てからは失点してない。またしばらくベンチで見ててほしい

小野 5.5

解説は小野が出てボールがつながったと言っていたが、セレッソが取りに来ないだけでは?

金園 5.0

シュート以外もアレなので、もう囮専用にするしかない

広告を非表示にする

ASUS ZenFone3を導入してまずやったこと

win-as-a-team-cs12.hatenablog.jp

固定費削減問題は結局こういう結論になりました。

  • 本体台で4万以上は出したくない
  • でもどうでもいい端末は使いたくない。カメラは並以上がいいし、音楽もwalkmanからそろそろ解脱したいのでいい音のやつで
  • 逆におサイフケータイはいらない
  • docomo WITHという月額が永久に?1620円引かれるサービスが始まった。2台しか対象がないが、買いさえすれば使わなくても、SIMカードを別の端末にさしても適用されるらしい

⇒arrows Be F-05Jを一括購入し、使わないで(あわよくば転売して)SIMカードだけASUS ZenFone3にさして使う

月1万円だった固定費は6400円前後になるはずだ。

写真を撮りまくる

SIMフリースマートフォン数あれど、Zenfone3にしたのはカメラの良さにひかれてのこと。どうでもいい写真を撮りまくる

f:id:satoshi_cs12:20170727175412j:plain

F値2.0を生かした美しいボケ

f:id:satoshi_cs12:20170803115504j:plain

日陰の看板にピントを合わせられるTriTechオートフォーカス

f:id:satoshi_cs12:20170803174430j:plain

絞ったら手前から奥までピントを合わせてくれる

曇った夕方に絞っても明るさキープは6層構造の明るいレンズのおかげ

f:id:satoshi_cs12:20170803180350j:plain

0.03秒のシャッタースピードで猫の細かい動きを逃さない

入力のデフォルトがジェスチャー(フラワー)なのをどうにかする

 

Twitterに書き込もうとして気づく衝撃の事実

f:id:satoshi_cs12:20170731213850j:plain

ンゴゴゴゴゴゴゴ

いやいやいや

日本にフリック以外使ってる人おるんかいな

[設定]-[言語と入力]-[ATOK or ASUS]からATOKの設定を開く

[テンキー]-[入力方式]で

f:id:satoshi_cs12:20170731213918j:plain

f:id:satoshi_cs12:20170731213934j:plain

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

この世に正しいUXという光が戻った瞬間だ

SIM開通の儀

ドコモオンラインショップからdocomo WITH用に購入したF-05J

これに新たなnano UIMカードがついてきたのだが、元々SH-04Gで使っていたnoano UIMカードをZenfone3にぶっさして使えてるし、20日たって勝手に使えなくなるまで待ってようと思っていた

しかしこの怠慢のせいでdocomo WITHが適用されていなかったのだ

docomoから見ればまだSH-04Gを使っていることになっていたのだろう)

何でSIMの形状が変わらないのに付いてきたのかっていうと来たのかっていうと、料金プランが変わるからなんだな

というわけで開通の手続きをポチる

→旧SIMで動いているので4G通信遮断される

→電源OFFして新しいSIMをさして再起動

f:id:satoshi_cs12:20170803213233j:plain

やったぜ。

追記

win-as-a-team-cs12.hatenablog.jp

これは7月中にやっておかなければなりませんでした。

2017年7月の読書メーターまとめ

7月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:308
ナイス数:0

愚物語 (講談社BOX)愚物語 (講談社BOX)
読了日:07月26日 著者:西尾 維新,VOFAN

読書メーター