新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

第26節 山口戦

北海道コンサドーレ札幌2-1レノファ山口

中盤でミス多く相手の反撃の起点になりつつあった堀米を下げるところはわかる。しかし代役として選んだのが本職ではないうえにスタメンで出ている荒野。これがまあ本当に下策で、以降は見事に山口に支配される展開となった。次の手もあくまで前にボールキープできる選手を置いて挽回を狙う策だが、そもそも前に行けないのが問題なのに。そういったベンチの不手際を救ったのが金山、正面に来たとはいえスーパーセーブを見せた。そしてマセード、このボランチで繋ぐことは不可能と見るや自力で60mドリブルしてみせた。得点者と合わせてこの4人で拾った勝ち点3だというほかにない

金山 7.0

ク・ソンユン、出番なくなるかもよ

菊地 7.0

気の利かないボランチらにボールを生かすとは何か見せつける

増川 6.5

決めてくれよ

福森 6.0

CKナイスボールだけどCBが疲労で交代はダメ

深井 6.0

最低限中の最低限

堀米 5.5

結果的にはボール落ちてくるところには入れていたので、足元のミスで交代されたのがもったいなかった

マセード 7.0

クロスボールにだけ期待していたのに対人守備もまあまあだったし、何より絞ったときの的確なカバーが有り難かった

石井 6.0

いくら走れても、ボールに食いつきすぎて裏を取られたり、足元でもらうと頭が真っ白になるのは

荒野 5.5

最悪対応で失点につながるFK与えたが、中央突破を止めるタスクを与える采配がそもそも悪い

ジュリーニョ 6.5

あれは決まるわ。もうちょっと守れればサイドで使えるのになあ

都倉 6.5

またスーパーなヘッドも、後半はいつも通り

内村 5.0

大ブレーキ。ボール持っても酷いパスミスするし、ボールそもそも持ってない

小野 5.5

まさか何もできないなんて・・・とは思ったが、1トップの座を用意するのがおかしい

櫛引 5.5

普通のCB

広告を非表示にする