新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

夜遅くまで会社に残っていることについて

最近では夜遅くまで会社に残っている私です

大半の従業員が帰宅しても、飲み会が終わってFBに写真を上げるような時間になっても、それでもまだ残って夜遅くまで、バスが無くなる寸前まで仕事をするグループがあるとします。彼らは(またしても)生み出されようとしている、新コンセプト商品の開発者。夜遅くまで残っている彼らを動かすものは、修学旅行前夜の眠れなさ的な、学園祭前の高揚感的なものであることでしょう。

しかし彼らは(またしても)開発費を肥大化させ、客にそっぽを向かれ、市場からは捨てられ、赤を増やすだけなのです。そりゃもう、修学旅行当日では特定の男子が特定の女子と思い出を創ろうと躍起になりグループを破壊するかのように。学園祭本番では客足が遠のいて残り半年間クラスから活気が遠のくかのように。

学園祭でろくに準備したこともなければ修学旅行がそもそもなかった私からは以上です。