新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

第2節 C大阪戦

3-3

①1失点目

②2失点目

③1得点目

④2得点目

⑤3失点目

⑥3得点目

⑦結論

理解の難しい試合であった。去年なら1失点目を生んだGKのキックはまずありえないし、2失点目のFWが降りてくる奴もあり得ない。かと言って2・3点目のセットプレーを得ることもなかったと思う。1-0で勝つサッカーを3-2にすることを「魅力的」とおっしゃるわけだが、自分が魅力に感じるのは安全な順位にいることを噛みしめながら生きる日常であり、出入りの激しいサッカーのことではない。とりあえず、3-2の「2」は先立って完成したように思う。

ク・ソンユン 5.5

ビルドアップの意識があるなら背負ったボランチに入れることはより一層ありえないはずだ。シュートやクロスへの対応はまあまあだった

進藤 6.5

局面も負けないし得点までついてきた。失点は無関係。

キム・ミンテ 5.5

被害者の感あるが、個人に目を向けると滑ったり見失ったりで色々酷かった。

福森 5.5

アシストはしたものの、動いたボールを蹴るのはまだまだで、なおかつセットプレー守備で外されすぎ。

宮澤 5.0

あのミスが受け側のせいになるのはかわいそうだ。だが前半はDFカバーの意識のあまりほぼ拾えなかったのも事実。

深井 6.5

押し込みではなくカウンターの応酬になったのはボランチとしてアレだが、得点したので。

駒井 6.5

凄いドリブルを持っているが、何となく出したパスがとんでもないパスミスであることが多い選手のようだ。

菅 6.0

中にフリー2枚いるのに角度ないシュートを選択するなら

三好 6.5

1億までは出す

チャナティップ 6.5

もう1点取れたはず

ジェイ 5.5

セルフジャッジ多すぎ。余計なSNSでさらに審判に嫌われる。

兵藤 6.0

45分に絞れば日本代表になれる

石川 6.0

堅実なプレーで3-4になる世界戦を消す

早坂 5.5

進藤だったらしい