新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

第20節 C大阪戦

1-3

代役のクオリティの差が試合を決めたと言ってよい。セレッソはトップ下コンバート後快進撃を続ける山村を欠いたが、サントスは十分にフィジカル面で山村を再現しており、テクニック面ではゴミカスだったが、身体能力に劣る菊地と知能がないキムミンテ相手には取るに足らないことだった。札幌はほぼすべての勝ち点に寄与するGKクソンユンのかわりに金山を起用したが、サイズ・読みの点で大きくレベルが落ちた。宮澤の代わりに入った荒野は「行く・行かない」の判断と最終ラインのカバーについて問題があり、進藤の代わりに入ったキムミンテについては、そもそも進藤を替える理由がない。総じて、クソンユンの出場停止でほぼ勝敗は決まっていたものの、無残な試合にしたのはスターターの選び方にあったと感じた。前節の試合の進め方といい、やはり、このまま任せておくのは悪手ではないかと思う。

金山 5.0

クソンユンなら1~2本は止めたでしょ

キムミンテ 4.5

知能のないプレーに終始。外国人選手が怪我で出られない状態だった時もスタメン落ちしていたのに、なぜ急に「進藤より上」と判断したのか?

菊地 5.0

キムミンテに手を焼きすぎて頭に血が上ったか、粗雑なカバーに終始し、試合の破壊に参加してしまう

福森 5.5

キックも使う機会がなきゃただのひ弱なストッパーになる

兵藤 6.0

いつも通り走り、いつも通り戦っていたとは思うが、負けた時は何故か記憶に残らない 

荒野 5.5

全ては開始直後の緩慢なプレー。その後どんなに頑張っても、いや、そんなに頑張ってなかったか

マセード 5.0

ブラジル人らしからぬ一本気なドリブルを披露し、何度読まれても愚直に実行する

菅 6.5

あそこに入っていけたのは相手が引いてサボったからとはいえ、ナイスゴール

チャナティップ 7.0

ボールをほぼロストなく運べるし、ナイスアシストも決めたが、ゴールと味方が見えたらほぼ味方を選択するのはどうにかならんか

ヘイス 4.5

どこにいるかわからんし、守備もしないし、下がってきて運ぶのかと思えばすぐリターンするだけだし、たまにシュートを撃てば枠の外

都倉 5.0

駆け引きとか味方を囮にするとかないから一切フリーにならないんじゃん

河合 5.5

まあ酷かったが、一応出てからは失点してない。またしばらくベンチで見ててほしい

小野 5.5

解説は小野が出てボールがつながったと言っていたが、セレッソが取りに来ないだけでは?

金園 5.0

シュート以外もアレなので、もう囮専用にするしかない