新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

第13節 鳥栖戦

0-1

なーにが攻撃のバリエーションだよ。守備のやり方忘れてる時点で攻撃のバリエーション増やしても大敗連発するだけだわボケ。ショートパスを華麗に繋いで3勝したんだったか?奪われたら相手陣内で取り返すべく切り替えるんだったか?

相手からしてもまず都倉のところにボールが来ないんだから、都倉を抑えるよりも簡単。グループ戦術レベルで札幌のパス回しは止められる。攻めるときは最初の4人くらいかわせば広大なスペースとアジリティのないDFが待っている。もうまともな指揮官のいるチームには露呈しているだろう。

あの前半で「内容は良かった」というコメントに加え、後半39分まで交代しないという采配で、ベンチが現状把握がちゃんとできていないこともついでにわかった。無理そうになる前に手を打つなら打つべし。

ク・ソンユン 6.0

ク・ソンユン基準で普通

横山 5.5

やはりストッパーは難しい

河合 5.5

心配していたほどではなかったが、オフサイドトラップのミスに、ヘディングの空振りなど、それなりに酷かった

福森 5.5

いらないハイキックしたことが決勝点を生んだ。最後の砲台モードでも何故か中央から上げようとする

宮澤 5.5

一発でサイドチェンジまで行ける選手だったら結果は違った

荒野 5.5

頑張っているのは見えるがボールの放し方が酷すぎた

兵藤 6.0

いいところで起点になるが味方が全く呼応せずあっという間に囲まれる

早坂 5.0

鳥栖から密命を受けたとしか思えない酷さ。攻守ともに抜群のブレーキ

菅 6.0

もっと自分で行きたいところだが、走ったときにボールが出てこないもんね

都倉 5.5

もっとボールをよこせ、とは何故か言わない。何故かわからない

金園 5.5

FK取った単独突破あるんじゃん隠すなよ

内村 -

投入されるのが遅すぎて評価のしようがない

マセード -

投入されるのが遅すぎて評価のしようがない

上原 -

投入されるのが遅すぎて評価のしようがない

広告を非表示にする