読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

金田湾 丸金丸

これは横浜近郊の釣りAdventCalenderの20日目の記事です。

地図

f:id:satoshi_cs12:20161220203228p:plain

黒矢印のところが船宿(といっても建物内に入ることはほぼないが)。

赤いエリアで釣りをする。

練り船シロギス釣り

練り船というものをご存知だろうか。船頭が櫓をこいでポイントへ向かう、何とも優雅な船である。5~7mの浅場ながら、エンジン音を出さないため、シロギスが散ることもない。

小さい船に船頭含めた5人が乗るわけで、スペースがない。短竿が取り回しにも釣趣にも優れている。一般的な1.8mでもちょっと長く感じる。というか、市販のシロギス竿では固すぎる。ここでの錘は3~5号で十分だ。渓流用のトラウトロッドが面白い。本気で極めるなら竹+セミクジラの和竿だ。

凪の日さえ引けば数釣りは簡単。釣れすぎて飽きることはあっても、釣れなくて飽きることはない。釣れすぎて飽きるときは、黙ってても釣れてくるメゴチを餌に、マゴチやヒラメを狙うことが許されている。推奨すらされている。今夏に行った際、個人的にはこっちにウェイトを置いたのだが、大雨と強風による早上がりもあり、シロギスも半端、マゴチはアタリなしという結果に終わった。来年はぜひ両取りをしたい。

この船の唯一にして最大の欠点は、今やっているわずかな船頭が全員引退したら、この釣り方はできなくなるだろうということ。存続中に一度行ってみることをお勧めする。

広告を非表示にする