新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

○ンポ

11/26 福浦岸壁・テトラ帯へ

今シーズン最後のメッキ狙いで湘南方面へ行くか迷ったが、若干出遅れたこともあり、近場のカサゴアイナメ狙いで福浦岸壁へ

あまり芳しい状況じゃないらしいがカレイもいるかもしれない。置き竿を設置しておき、偶然の一発も狙おう

タックル

チョイ投げ

SZMドリームサーフDX(タックルベリーで1500円だった)15-300

ダイワ12レガリス3520PE-SH

海藻天秤15号+関東で海釣り始めたころにタックルベリーの安さに騙されて買った3本針仕掛け(幹3ハリス1.5針流線8)

穴釣り

シマノソアレソルティーショットS706ULT(修理後)

シマノ16ナスキーC2000HGS

ブラクリ2号とかブラー8gとか丸オモリ3号とかを使う

ナスキーはさすがにCP特化型モデルっていうこともあって使いやすかった。真価を問われるのはこれからだけど。ハイギヤにした選択も、根を避ける意味で正解だったと思う

釣況&動画

満潮・潮止まりが14:48分なのでその寸前にカレイの時合が来るはず

それまでは穴釣りを楽しもう・・・と思ったが、楽しむほどアタリは頻発しない

投げ竿の動きがちょっと怪しいので巻いてみるとサビハゼ。マハゼなら持ち帰るけどサビハゼでしかも10cm弱ではリリース

しばらくブラクリ(青イソ餌)で粘っているとかなり浅めの穴で鉛直方向に引っ張るアタリが。びよーんという感じのアタリでカサゴアイナメではないのはわかったが、ちょっと重い。バラシ覚悟でごぼう抜きするとなんとギンポであった。ギンポはてんぷらにすると大変美味なのは知っていたが、ここまでキープ0、この先もキープ0だとギンポ1匹を持って帰ることになるので何となく嫌だ。リリースした

その後はハガキサイズのメジナをアオイソで上げてリリース。6月のイサキ釣りの外道で釣れた小鯖の切り身に餌をチェンジしてかれこれ1時間ほど粘り、ようやく本命の1つカサゴが来たが、Tカードサイズでリリース

投げのほうはサビハゼを1匹追加しただけで、結局カレイアイナメはなし。本気で狙うなら北海道で鍛えた仕掛けを作らないとね

カメラはKeyMission170

サビハゼ2

メジナ1

ギンポ1

カサゴ1

累計

アジ21

イイダコ1

イサキ8

カサゴ38

カレイ1

キュウセン1

ギンポ1

クロホシフエダイ1

サバ1

サビハゼ2

シコイワシ65

シロギス20

タチウオ8

ニジマス5

ヒラメ1

マダイ3

マハゼ4

メゴチ8

メジナ2

広告を非表示にする