読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

minimaruが品薄なので自分で作る

ブリーデンのミニマルというルアーがある

エギの発想をもとにして作られた、ボトムでケツだけ持ち上がる独特のアクションをするルアーだ

それがここ横浜では品薄になっている(全国的にかも)

f:id:satoshi_cs12:20160817172718j:plain

港南台のポイントではこれがラス1だった(買った)

浮力のある素材に、存在感のあるウェイトを差し込めば、自分で作れそうだよね?

バルサ+ナツメ型オモリで作ってみよう

設計

簡単な設計図を書く

f:id:satoshi_cs12:20160905220749j:plain

正面図をトレースして輪郭を作る

もちろん虎の子の1個を分解するわけにもいかないので、シャフトは創作

ウェイトは持った感じ0.6号って感じだが、ナツメ1号を叩いて潰して角を削って、バルサが浮力高めなのを差し引けば同じくらいだろう

切り出し

f:id:satoshi_cs12:20160817220354j:plain

切り出してみた結果、身長はほぼ同じだ

ここからはシェイプを整えていく

f:id:satoshi_cs12:20160817223539j:plain

粗めにデザインナイフで角をとっていく

ここから耐水ペーパー200番で角を丸くして、1000番で表面を仕上げる

コーティング(下地作成)

ウレタンコートで2回(上下を入れ替えて1回ずつ)ドブ漬け

f:id:satoshi_cs12:20160823203123j:plain

塗装

夜しか使わない想定でいるため、アピールに全振りする。マットオレンジというカラーがもともと存在するが、それにさらに稚鮎カラーに使われている金ラメのようなものを散りばめてみたい

・ダイアカラーの蛍光オレンジで下塗り

・ダイアカラーのゴールドラメで上塗り

・ウェイトはペンチで潰した跡とかの違和感をなくすため、黒塗りする

f:id:satoshi_cs12:20160829214049j:plain

何ともまあ汎用性の低そうなカラーですこと・・・まあ釣れるかどうかはシチュエーション次第だ

コーティング(色止め)

アイシールを貼って、ケイムラコートでドブ漬け2回

f:id:satoshi_cs12:20160829214258j:plain

仕上げ

コンパウンドをかけて完成

f:id:satoshi_cs12:20160904200849j:plain

f:id:satoshi_cs12:20160910183212j:plain

こう並べてみると結構いけてるじゃん

まあいつ使えるのかはわからないけど・・・