新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

第24節 讃岐戦

0-1

今のチームに必要なものをいとも簡単に捨ててしまうのだなあと、将来のこのチームを悲観するに足る試合。このチームに最も必要なのは砂川の経験に裏打ちされた修正力であり、裏に走るしかないがとにかく裏に走る榊の愚直さだと、まざまざと見せつけられた。相手の術中がどうとかそういう問題ではない。(グーを出してきたのでパーを出しましたというのを自慢げに言う奴は放っておいたらいい。)本人たちがいかに殊勝なことを言おうが、真面目にやっているとは、気持ちが入っているようには見えませんよということ。

ク・ソンユン 6.5

韓国代表にもなったし、1年で復帰かな

パウロン 6.0

多少の蛮勇はあるものの、ボールと人から最後まで目を切らずに体を入れるということができている

櫛引 5.5

DFを統率するポジションに居るのだから、個人のミスはなくても、誰もマークにいないなんて状況を生んだ責任は持つべき

福森 5.0

もういい。休め。

宮澤 6.0

どれだけボール持ってコース探しても1度きりしか走ってくれない前線では同しようもないか

堀米 5.5

ボール引っ掛けるところまで行ってるのにフィジカルの差で取りきれない

荒野 5.5

何がしたいのか意図のわからないプレーが多い

前寛之 5.5

何かまっすぐ走って行ったり来たりしてるだけで中身に乏しい感じがする

古田 5.0

また決めませんでした。

内村 5.5

替えられてしまう原因がよくわからない。それは練習にある?

都倉 5.5

2人ついてるんだから中央から逃げてマーク外すなり2人連れて行くなりして・・・

上原 5.0

本当にサイドハーフをやっていた選手なのか?まだベンチに入れるレベルにないのでは・・・

稲本 5.5

まあボールが出る回数は増えたかなくらい

神田 5.5

チャンスに絡んだのは1度きりだが、求められるものではあった

f:id:satoshi_cs12:20150718142126j:plain

f:id:satoshi_cs12:20150718155005j:plain

広告を非表示にする