新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

Highest Honorの血統を信じろ

今年の持ち馬が決定しました。「走るが足元が弱い」というレーヴドスカー一族の4頭全部(と思われる)が取れてしまうという偶然が発生し、もはや俺と呪いの血族は切っても切れない呪いで結ばれたと言っても過言ではない

1位(第2希望)レーヴディソールの13 牡 

ハービンジャー 母父アグネスタキオン

阪神JFを制し、そのまま風のように去ってしまったレーヴディソールの初仔。名前はアラバスター。足元が呪われたレーヴの血脈にハービンジャーで別れを告げれば、G1の舞台まではとりあえず行けそうだ。レーヴミストラルの甥にあたる

2位(第4希望)レーヴディマンの13  黒鹿

ディープインパクト 母父Highest Honor

名前はエールデュレーヴ。つまり呪いの血統、レーヴドスカーの全妹の仔、つまりレーヴミストラルの従妹にあたる。血統は優秀に見えるが、半兄が全くもってダメなのが不安。まずは呪いの血統の必要条件である「走るが」を目指そう

3位(第5希望)アグネスショコラの13  牡 黒鹿

キングカメハメハ 母父サンデーサイレンス

全兄ゴールデンチケットは皐月・ダービー出走。ロワジャルダンも2勝→OP2着。これだけ聞くとコイツも行けそうな気がするが、「芝でもいける」はダート専用の合言葉みたいなものだから

4位(第7希望)レーヴドスカーの13  牡 鹿

ディープインパクト 母父Highest Honor

レーヴミストラルの半弟。名はレーヴァテイン。呪いの血統がディープでどう化けるか。今のところ、胴が短くトモがしょぼい競走馬とは思えない体型をしており、「足元が弱い」は関係なさそうだ。「走るが」も関係なさそうだ。

5位(第8希望)エルメスティアラの13 牡 鹿

ディープインパクト 母父ブライアンズタイム

馬名ディーマジェスティ

関東でGIをいくつも勝っている某調教師が「あれはモノが違う。どこの厩舎に入るの?」と聞いてきたほど目立つ馬だそうです。再来週には美浦に入厩して、6月の東京開催でデビューする予定だそうです。

ホエールからの: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

某調教師が誰かによる。5位は高過ぎる気がするが、ショウナンアデラとキャットコインを育てた二ノ宮厩舎ということで一応期待

6位(第9希望)アルレシャの13  鹿

ディープインパクト 母父Marju

レーヴミストラルの母レーヴドスカーの全妹レーヴディマンの1番仔アルレシャの2番仔。つまりレーヴミストラルの従妹の子。今思うと9位は高すぎた

7位(第11希望)レディドーヴィルの13 牡 鹿

ディープインパクト 母父ファスリエフ

8位(第13希望)チャールストンハーバーの13 牡 黒鹿

ダイワメジャー 母父Grindstone

カレンブラックヒルの全弟。セレクトセールは1億円の額をつけた。高額馬というと急に頭が痛くなってお薬の時間だが、

4/9にゲート合格済。早速6/14の東京5R芝1800mでデビュー。屋根は相談役

9位(第16希望)レーデンボーゲンの13 牡 鹿

ステイゴールド 母父フレンチデピュティ

レーヴドスカーほどじゃないが母優秀。父サンデー系で全部1勝はしている。

10位(第17希望)トーホウアスカの13  黒鹿

ステイゴールド 母父チーフベアハート

こちらも母優秀。6頭中5頭が1年目で1勝以上している。トーホウアスカ、俺はアスカ派。名前はトーホウカンナ。俺は谷川柑菜派。

11位(第18希望)グッバイマイラヴの13 牝 鹿

ハーツクライ 母父ノーザンテースト

ここも母優秀。5頭中4頭1勝。下位はこういう感じで固めて、とにかく全頭勝利を狙う


 元持ち馬 レッドマジュール

6/6東京4R 3歳未勝利

1週間間に合わなかったが、ここまで見続けてきた馬がようやく適正距離を見つけたということを喜ぼう。500万条件でも勝ち負けできるはずだ