新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

天皇杯2回戦 tonan前橋サテライト戦

5-0

1日の稼働時間の半分しかサッカーできない選手を、1日中サッカーができる選手が、後半圧倒して勝ったという、至極当然な結果。6部が相手であることを考えたら、リーグ戦で使いたい選手っていうのはチラホラいるかどうか・・・というレベル

杉山 6.0

無失点ではあるが、評価するような仕事がなかった。よって6.0

ステファノ 6.0

SBとしては5.0。ウイングに上がってからは7.0。よってSBで起用する奴が悪い。あらゆるプレーが軽いがゴール前では謎の落ち着きがある。視野もなかなか広い。それを活かすキックがあればJ2でも・・・それは高望みか

内山 7.0

前半終了間際にヘディングしようとして肩ングになったのを除きタックル・カバー・立ち振舞すべて完璧

松本 6.5

(味方に)悪魔の右足のエリアを内山にカバーしてもらいつつガンガン潰す活躍。SBになって駆け上がるフィジカル的余裕も

上原拓 6.5

一応トップでも出たんだから、これくらいで普通

中原 6.5

アシストを1つ通した以外、特に目立つところなし。もったいないロストも

前貴之 6.5

中原とだいたい同じ。プレッシャーがなければ余裕

工藤 6.0

1点は決めたものの、トラップミス・シュートミスのオンパレードで、FWの序列の下にいるのもまあ納得といったところ

前田 7.0

このレベルのDFは、カラーコーンみたいなもんでしょ

菊岡 7.5

こんなドリブルで2人くらい抜けて高精度のスルーパスを通し相手をあざ笑うかのような浮き球も味方に一直線のクロスも上がる選手知らない

丁 6.5

2得点も、ポストプレー・散らしダメ。全く組み立てに参加せず、シュートに専念が吉

薗田 6.0

あるか、FW薗田。DFの仕事は皆無と言っていい

阿波加 6.0

お久しぶりです