新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

第8節 群馬戦

コンサドーレ札幌1-0ザスパクサツ群馬

本当に勝っただけで、ザスパクサツ群馬のDF・FWに笑いの神が降臨していなければ、0-1の塩試合になっていた。いや、勝ったけどもはや塩試合と言い切ってもいいのではないか。選手もベンチもこの試合にどのような意図を持って入ったのか、今をもってしてもわからない。ボールを自陣ゴールに入れさせず、相手ゴールに入れるスポーツだということだけを伝えて試合をした感じだ。このチームの選手は内村だけで、監督も内村だったのだろうか

イ・ホスン 7.0

ノーミス・ノーお笑い。ポスト神も降臨させる

日高 6.0

前が石井だというのは同情するが、序盤以外殆ど上がれなかった

奈良 7.0

ノーミス・ノーお笑い。でも安定感を感じるのは隣のせいかも

パウロン 5.5

中学生でもしないようなミスでほぼ失点。ポストに助けられたあとは、繋ぐ意志を失ってアバウトに蹴り続け、相手も蹴ってイエローまでもらう

松本 6.5

よく走ってなんとか青木を押し下げ、パウロンがアレな分カバーも頑張る。体もよく当てる

宮澤 6.0

ここ2試合の胆力が消え失せて元のカバーリングサイボーグに戻った

河合 6.0

普通よりちょっと動けない程度のボランチ

石井 5.0

出場時間の大部分で消えており、出現するとオフサイドやトラップミスの嵐で、おまけにいらないイエロー。申し訳ないが擁護不可能

前田 6.5

殊勲のゴール。いなくなったあと誰もボールを持てなくなったことも、貢献度の高さが伝わってくるようだ

菊岡 5.5

あの1on1の守備からして「ボランチもできる」が嘘っぱちなのは知ってたけど、「プレースキックが良い」も嘘だったのか?60分過ぎからは良くなった

都倉 6.0

嫁のいぬ間のおサボり

砂川 6.0

すごい選手は控えでもすごいのだ

榊 5.5

いい番犬の域を超えない

工藤 -

(10分も出てないとは)何やて工藤!せやかて(スタメン出場せな)工藤!

広告を非表示にする