新しいダイアリー(5)

もうふざけたことしか言えない

スギヤ・マとかいうゴールキーパー

※本項で登場するスギヤ・マはコンサドーレ札幌杉山哲選手とは関係ありません
※筆者は現在キマっており,正常な判断力を持ちません

私は2012年の記憶がまるっと抜けている
ただ12月にゆらゆらと流される小舟に横たわりながら
長襦袢を着た目の赤い少女が操る小舟で
どこともつかぬ暗闇に向かっていたことは覚えている
舟で気がつくまでは,髪を伸ばしヒゲを蓄えたGKがゴールドのユニの選手の前にボールを落としていたような

いよいよ地獄に流されたかと思いきや,そこはフクアリという楽土であった
しかしそれは夢ともうつつともつかず,気づくと黒い星が3つ見えた

栃木戦では奈良と交錯してこぼした1回で済ませていたスギヤ・マであるが
神戸戦ではおかしなポジショニングでロングシュートをくらい決勝点献上
その後もショートバウンドを目の前に落とすなどした

私は気づいたのだ
記憶が欠落している間,私は感情に任せてスギヤ・マに罵声を浴びせていたのではないかと
スギヤ・マが地獄通信にアクセスし,俺を地獄へ流したのではないかと
出場可能GKの中で試合経験があるのがスギヤ・マしかいないという地獄へと

私は,贖罪しなければならぬ
全力で応援せねばならぬ
スギヤ・マの活躍で勝利し,全裸で土下座せねばならぬ

こちとらあとはパンツだけという状態になりながら全裸土下座の準備をしているのに,杉山選手は「バカッ!何考えてるのよ!服着なさいよ!」ってズボンとTシャツとジャケットを投げてくるんだもの,本当に困ります